読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会を出てみてもどうにかなった。

東京からオーストラリアに旅立ち日本に帰ってきて。。。

これから留学・ワーホリを考えている方へ!! 海外へ行くための貯金方法!!

こんにちは!!

今日はお金の話です。なんで急にお金の話だと思いますか?

f:id:tabisuru-iwao:20160504151056j:plain

海外へ行くにはお金が必要です。そういった意味でも金銭管理能力が必須です。

 お金を自己管理をするにあたり下のポイントは抑えていたほうが良いです。

 1. 自分の銀行口座に今いくらお金があるか。

 2. 1年後の貯金金額はいくらか。 

 3. 1年通しての収入はいくらか。

 4. 年間で使えるお金はいくらか。

 今まで出会ってきて貯金ができるてる方って上のことを把握していると思います。私自身、日本で経理職をやっていた時も、自分の会社の財務について上の4つは毎日チェックして仕事をしていました。

 

次はお金を貯めるために必要な手順を書きます。お金を貯めるためには年単位より月単位で考えてたほうが良いです。

  1. 自分の1か月の収入額を把握する。
  2. 自分の1か月の必要最低限の支出額を把握する。
  3. 自分の1か月の目標貯金額を設定する。 
  4. 後は収入に対して毎月いくらまで自由に使えるお金があるを把握したうえで生活する。

 以上が貯金をするうえでのポイントです。

 

例えば収入が15万円だったとした支出が15万円では赤字になってしまいます。毎月5万円貯金したいなら支出を10万円までに落とす必要があります。

 

まず、必要最低限の支出を知ることが必要です。

必要最低限の支出の段階で10万円を超えていたら毎月5万円の貯金は無理です。もしそれでも無理でしたら最悪貯金目標額を3万円をへ減らすやさらなる生活水水準を落とす必要があります。

 

よく日本で貯金が出来ないという人を聞きますが、私は独身なら毎月15万円の給料で貯金は可能だと思います。10万~15万円が独身で貯金ができるか出来ないかの損益分岐点だと思います。

 

お金が第一という意味ではありませんが、貯金をすることにより安心感が増してくると思います。

f:id:tabisuru-iwao:20160509145923j:plain

次回は具体的にどのようにやって行けば貯金が増えるのか重要な支出のポイントについて書いていきます。