読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会を出てみてもどうにかなった。

東京からオーストラリアに旅立ち日本に帰ってきて。。。

人生を成功する方法その方法は簡単だった。 ~答えは私が好きな方にありました。~

こんにちは!!最近、海外に行ってノマドで成功!!そのような声をよく聞きます。先日ノマドをやられている方と話したらノマド生活も楽には稼げない。やっぱり勉強しないと無理だと。そして、自営業なので自分でやらないとお金が稼げないと。。。

今日は私の好きな方から考える、人生を成功する方法について書いていきます。

私の好きな方は以下の5人です。

  1.  鈴木敏文さん
  2. 近藤麻理恵さん
  3. 澤田秀雄さん
  4. 大泉洋さん
  5. 坂本龍馬さん

今回上げさせていただいた5名の方、世間ではかなり有名な方だと思います。経済界から芸能人、歴史的な人物まで幅広い方々だと思います。ご存知ない方もいらっしゃるかと思いますので少しだけご紹介します。

元セブンイレブン会長 鈴木敏文さん

 つい先日、会長職を降りられた鈴木敏文さん。日本は一つの時代が終わったと思いました。スーパーマーケットを作ったのは元ダイエー創業者の中内功さん。コンビニを作ったのは鈴木敏文さん。日本の流通の仕組みを作ったものだと思います。

鈴木敏文 商売の原点 (講談社+α文庫)

鈴木敏文 商売の原点 (講談社+α文庫)

 

お掃除コンサルタント 近藤麻理恵さん

私が海外にいる間にご結婚をされたみたいですね。私は近藤真理恵さんの本を読んでいなかったら今海外にいないと思います。物を捨てると本当に大事なものが見えてくる。正直、片づけは成功したかわかりませんが、大切なものは近藤麻理恵さんが気づかせてくれました。

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

元HIS会長 澤田秀雄さん

現在では日本最大規模の旅行会社HISの創業者澤田秀雄さん。ある一人のバックパッカーが日本最大規模の旅行会社を創業。澤田秀雄さんがいなかったら日本の海外旅行はこんなに安く行けなかったのかな。澤田秀雄さんによって日本は海外旅行が主流になったとも言っても過言は無いと思います。

HIS 机二つ、電話一本からの冒険 (日経ビジネス人文庫)

HIS 机二つ、電話一本からの冒険 (日経ビジネス人文庫)

 

俳優 大泉洋さん

実は大泉洋さんって将来社会科の教員になる予定だったと知っていますか?それが今では日本中にファンがいる俳優。北海道のテレビ番組水曜どうでしょうから今では全国区で仕事をする大泉洋さん。私は大泉洋さんの行き方を見ているとすごいとしか言えません。

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)

 

 ご存知土佐の坂本龍馬さん

 中学生のころ、私はあまり歴史が好きではなかった。しかし、NHKの大河ドラマ龍馬伝を見て感動。土佐の武士で生まれ土佐から京都、江戸へ日本の将来をかけて日本中を駆け回った人。薩長同盟を結び日本を一つにしたのも坂本龍馬。今の日本の原型を作ったと言っても過言ではありません。

図説坂本龍馬

図説坂本龍馬

 

今回取り上げた5人にはすべて共通点があった。それは!??

若いころに経験の経験値

若いころの経験って一番大事だと思う。ここにあげた5人すべては若い時の経験があったからこそ名の知れた人にさせたのだと思う。例えば、元HIS会長の澤田秀雄さん。ドイツ留学をしアルバイトで貯めたお金で世界各国を回ったと言います。その経験を生かしHISを創業今では世界に支店を持つ企業です。

やっぱり最後は決断力

決断力があるから成功への道は開ける。何かを始めるってすごい決断力だと思う。例えばセブンイレブン会長の鈴木敏文さん。会議中もイトーヨーカドー幹部の大反対の中アメリカに飛んでセブンイレブン一号店を日本にオープンさせたと言います。

諦めないこころ!! 

なにかをする時、諦めることが一番だめだと思います。坂本龍馬さんも諦めないこころがあったから日本を一つにする。そんな彼の強い思いから同士の薩摩と長州を一つにまとめて新しい日本を作りました。

毎日一歩一歩努力が必要なんだと再認識

今日は最近思っていた人生を成功する方法について書いてみます。”継続は力なり”の言葉通り経験があるから良い決断ができ人は成功する。皆さんも海外へは若いときに行っていろいろな経験をする方が100倍良いと思います。このブログを書いていて私も頑張らないとって思ってしまいました。

f:id:tabisuru-iwao:20160517113240j:plain