都会を出てみてもどうにかなった。

東京からオーストラリアに旅立ち日本に帰ってきて。。。

日本でフリーターするなら絶対海外へ行ったほうがいい!!

2015年日本ではフリーターが167万人

今回は日本でフリーターの方へちょっとアドバイスを書いてみました。そんなこと言っても私もアドバイスをするような大きな人間ではありませんが。。。特に独身で25歳以下ならワーキングホリデービザも取得でき5年近く海外に滞在することができます。かなり衝撃的な内容ですがなぜそういう結論になった理由を書いています。

日本は最低賃金が低い

まずは、ワーキングホリデ実施国の最低賃金を見ていきます。オーストラリアは約17ドル前後(約1500円)、フランスは9.43ユーロ(約1311円)、ニュージーランド14.75ドル(約1300円)、カナダは11ドル(約950円)さて、日本の最低賃金764円。日本の最低賃金は比べ物にならないくらい低いです。

海外に行くと人脈が広がる。

日本でフリーターをしていたら多分出会う人って近所に住んでいる人だと思います。それが海外に出たら出会う人の規模が違います。例えば、現地の人であり、日本以外の外国人であり、日本人でも以外と日本全国の人に出会えます。

以前、ワーキングホリデー協会は以下の調査を発表しています。この調査からもワーホリ参加者は日本全国から来ていることがわかります。

f:id:tabisuru-iwao:20160519124801j:plain

海外にいると日本より得るものが多い

日本でフリーターをしていた人は得たものってなんですか?

海外に行ったらすべては自己判断・自己責任の連続。人生最大の決断の日々になると思います。それ以上に得られるものは自分の経験値です。例えば、海外に住むと現地の銀行や携帯電話会社へ行ったりして契約をする場面が多数あります。これらのことは海外旅行ではすることはありません。他のブログでも行ってよかったという内容がまとめあったので参考までにリンクさせていただきました。

海外にいてもすべて外国人に頼るわけではない。

海外へ行ったからといっても全て外国人と接するわけではありません。日本人に頼ることも必要だと思います。ワーホリに来たうちは日本を頼りだんだん外国人に頼って生活する。そんな生活するのが理想だと思います。私も先日法律に関して相談するため現地に住む専門的な資格を持つ日本人の方へあいました。海外にいても日本語でないと100%理解することは難しいこともたくさんあります。

ワーキングホリデーで海外へ行くための第一歩!!

 初めてのワーホリなら日本のエージェントを通すのが一番だと思います。「ワーホリ  エージェント」と検索すれば多数のエージェントが出てきます。エージェントには無料と有料があります。私は無料のエージェントの方が費用も掛からず無駄なサービスも省けるのでお勧めします。

それではみなさん今週末は海外へ行く準備をしてみてはどうでしょうか?

f:id:tabisuru-iwao:20160519132706j:plain