読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会を出てみてもどうにかなった。

東京からオーストラリアに旅立ち日本に帰ってきて。。。

2016年度版 ファームの聖地バンダバーグへ行く方法!!withバンダバーグ観光名所

オーストラリアへワーホリへ行ったら一度は聞く名前バンダバーグ!!

今日はバンダバーグへ行く効率的な移動方法を書きます。ファームへ行くと言ったらかなり鬱になりますよね。最後にはバンダバーグの観光情報も載せていますよ。

バンダバーグといったら以前有名ブロガーのナチブさんが書いたこの記事が有名です。

nac-chib.com

実はこの記事が出たとき私はバンダバーグにいました。しかも求人をやっていたのでこの記事以降かなりの日本人から怪しまれました(私はこの記事に書いているような詐欺はしていませんよ。)。

今日の本題!!バンダバーグへの行き方

バンダバーグってオーストラリアに数ある有名ファーム場所の中では交通手段も多く行きやすい場所だと思います。求人を出すと必ずどうやって行くのが良いですか?と質問を受けました。今回はそのお答えをちょっぴり教えてしまいますよ。これからバンダバーグへ行かれる方参考にしてみてください。

【ブリスベンからバンダバーグへ行く方法】

・ブリスベン空港から飛行機(直行便)約100ドル~ 約1時間

https://www.skyscanner.jp/

・ブリスベン(ローマストリート駅)から電車(Queensand rail) 53.4ドル~ 約4時間半

Queensland Rail Travel Home

・ブリスベン(ローマストリート駅)からバス(greyhound) 94ドル~ 約8時間

www.greyhound.com.au

以上の3つがブリスベンからバンダバーグへの主な行き方です。

【ブリスベンシティーからは電車が安くて便利】

f:id:tabisuru-iwao:20161123161513j:plain

ブリスベンからバンダバーグへ一番安くて行きやすいのは電車です。1日1本以上ブリスベンの中心にあるローマストリート駅から電車(全席指定)が出ています。通常、89ドルですがバックパッカー割引を使うと53.4ドルで行くことが出来ます。バックパッカー割引は切符購入時にIDパスポートを見せるだけ。オーストラリア以外の国籍と証明するだけで53.4ドルで乗車できます。

【飛行機でブリスベンへ来た場合は空港で乗り継ぐのが便利】

f:id:tabisuru-iwao:20161123161857j:plain

メルボルンやシドニーの他州から行く場合は飛行機が便利です。空港からバンダバーグ行きの特急電車が発車するローマストリート駅までは30分ほどかかります。キャリーバックなどを持って移動は結構大変です。それに比べて飛行機なら空港で乗り継げるので楽です。また、バンダバーグ空港はカンタス・ヴァージンオーストラリア航空の2社が運航していますので、両社の便で乗り継ぎの場合は楽です。

【QLD北部からバンダバーグへ行く場合 陸路ならバスがオススメ】

QLD北部からバンダバーグへ行く場合時間的にみたら一番速いのはブリスベン空港まで飛行機で行き、ブリスベン空港からバンダバーグへ乗り継ぐ方法です。

それ以外の方法ではバスが便利です。

f:id:tabisuru-iwao:20161123162355j:plain

ケアンズから電車でバンダバーグへ行けますが電車は1週5本です。バスは毎日運行していますのでバスがとても便利です。QLD北部のタウンズビルやボーエンなどから来る人は陸路を選ぶ人も少なくありません。

【バンダバーグの観光名所】

ここからはお勧めのバンダバーグの観光情報♫ファームにいてもやっぱりオーストラリア楽しみたいですよね。

オーストラリアにいる方なら一度は見たことがあるこの瓶!!

f:id:tabisuru-iwao:20161123162637j:plain

バンダバーグジンジャービアーという名だけに工場はバンダバーグにあります。工場の横には資料館もありジンジャービアーの歴史が知れますよ。併設されている売店ではジンジャービアーを特別価格で購入すること可能!!

f:id:tabisuru-iwao:20161123162851j:plain

次に紹介するのがバンダバーグのもう一つ有名な飲み物!!

f:id:tabisuru-iwao:20161123163028j:plain

バンダバーグラムです。 ここは工場見学ができます。実際にラム酒を作っている樽などもガイドが一緒に回って案内してくれます。

ファーム生活はいろいろ大変です。しかし、1週間田舎でのんびりしたらハマってしまうなんて人も多いです。ファームを検討中の方、バンダバーグへ行くと言うのもありだと思います。